囲碁基本ルールQ&A

Q1. 囲碁って結局のところどういうゲームなの?

Q2. 黒の陣地に白がはいってきたらどうするの?

Q3. 黒の陣地の中に白の陣地ができたらどうなるの?

Q4. 2眼がよくわからないのですが。

Q5. 終局がよくわかりません。パスって何度もしていいの?

Q6. セキって何?

Q7. やっぱりよくわからない!


 

Q1. 囲碁って結局のところどういうゲームなの?

2つの見方があると思います。

ひとつはよくいわれるように「陣取りゲーム」ということです。でもなにもないところに陣地を作れ、といわれても最初はどうしたらいいのかよくわかりませんね。

そこで2つ目の見方として、囲碁を「石取りゲーム」としてとらえてみます。「インタラクティブ囲碁入門」をひととおりやった方なら石の囲い方はわかると思います。相手の石を完全に囲めばその石をとることができ、しかもその跡地には自分の陣地ができますね。

ですからいつも相手の石をどうやったらとれるかを考えます。また同時にどうやったら取られないか、つまり守ることも考えます。 このように攻撃と防御を考えているうちに陣地の考え方がでてきます。陣地、つまり自分の石で囲われていて相手が入ってくる気がしなくなるようなエリアをつくってしまえば完全に囲われることがないですから安全になれるわけです。そして自分の石が安全になったら、安心して相手の石を攻撃できるわけですから陣地をつくることは攻撃と防御とも深い関係があるといえます。

このようなわけで、囲碁の勝敗は、「取った相手の石の数」+「自分の陣地の大きさ」の大きいほうが勝ちとなるのです。

Q2. 黒の陣地に白がはいってきたらどうするの?

せっかくつくった黒の陣地に白が侵入してきました。

[図2−1]

これをとるには4つの黒石がいるので、たとえこの白をとったとしても4個の黒石と1個の白石の捕虜のため結局3目(もく)も黒地が減ってしまったことになりそうです。

[図2−2]

それでは白に侵入されるとどんどん黒地が減ってしまうのでしょうか?そんなことはありません。
黒はそもそも4手もかけて白一子をとる必要はないのです。黒の陣地がしっかりしていると思うのなら、白がはいってきてもとりあえず1手だけ相手をしてあげましょう。「ここで生かしはしないぞ!」という手です。

[図2−3]

こうすれば白石の捕虜で+1、相手をした黒で−1なので、プラスマイナス0で損をすることはありません。
はいってきた白を完全に囲って取り上げる必要はないのです。なぜなら黒にとってはその白をいつでも殺すことができるから です。そのような白石は「死んでいる」とみなされ 終局時に黒が無条件で取り上げても良いのです。
なぜ白は死んでいるのかというと、上図のあと、白がもがいてみて下図のようになったとします。

[図2−4]

左下の白4子は黒に半分ほど囲われており、こんな狭いスペースでは2眼ができません。だから結局全部囲われていることと同じとみなされ死に石とされるのです。

もし、黒陣がものすごく頑丈で、侵入者の相手をしなくてもよいと考えるのならば、1手も相手をする必要はないのです。

たとえば、下の図のように上辺の黒地に白がはいってきた場合、さらにもう一手白が打ってもまだ黒は安全なのでこの段階では相手をしないで、他のところに打つか、「パス」してもいいのです。(下図の場合は他に打つところが無いのでパスがベストです。)するとまるまる一手得したことになります。

[図2−5]

白はここでどうあがいても結局とられるだけなので、この白は最初から死んでいるようなものです。

Q3. 黒の陣地の中に白の陣地ができたらどうなるの?

例のごとく一生懸命つくった黒の陣地に白がはいってきました。

[図3−1]

黒もがんばって応戦したのですが、白のほうがうわてで、さんざんもがいたあげく自分の陣地を黒陣の中につくってしまいました。

[図3−2]

このような場合はその分黒地が大きく減ってしまいます。白は新たに9目の地をつくり、黒は39目もあったのに、14目に減らされてしまいました。完全に逆転負けです。

場合によっては黒地がすっかりなくなり一眼ほどのスペースしか残らず全滅してしまうこともあるのです。

Q4. 2眼がよくわからないのですが。

対局のはじめのうちは黒石と白石のあいだにすき間がたくさんありますが、対局が進行するにつれ互いの石同士のすきまがつまってきて、最終的にはすき間が完全になくなります。つまりすべての石のグループが囲いあっている状態になるのです。原則としてこの時に相手の石が打ってこれないようなすきまが「2ヶ所」あればその石は完全に囲われることがないので「活きている」とされます。

Q5. 終局がよくわかりません。パスって何度もしていいの?

執筆中...

Q6. セキって何?

たとえば[図2-5]のあと、黒がパスし、白がまた打ってきて黒がまたパスして、またまた白がしつこく黒地に打ってきて以下のようになったとします。これはどういう状態なのでしょうか?

黒がこの3子をとろうとすると下図のようになります。
すると次に白は右上のすみっこ打ってこの黒を全部取り上げられますね。
ということは黒からはこの白をとりにいくことはできません。

では、白からこの黒をとろうと下図のようにうつと、、、

黒はこの白4子をとりあげ、あとには4目の黒地が残りしっかり生きています。
つまり、白からも黒を取りに行くことができません。

ということは、最初の図は、白からも黒からもお互いを取りにいけないということです。
このような場合は双方とも活きているとします。
これを「セキ」と呼び、眼がないのに活きられる特殊な形であります。

最初の図の結果は黒地0目、白地5目なので、白が盤面では5目勝ちということになります。

盤上のすべての石がセキになっている、というとんでもないものを考えた人もいます。

中ザワヒデキ氏による「三五目三五路の盤上布石絵画第一番」

Q7. やっぱりよくわからない!

とにかくだれかと対局してみましょう。はじめのうちはたくさん石をとられて負けばかり、しかもどこにうったらいいのかぜんぜんわからないかもしれませんが、じきに「感覚」が芽生えてきます。

囲碁は自転車や水泳と似ているかもしれません。いくら本で勉強して頭で考えても身につくものではないのです。とにかく手足をうごかしながら自然に覚えるのがはやいです。このサイトでは自転車でいえばペダルやブレーキの働きを教えたにすぎません。どうやったら転ばないように乗れるかを教えることはできませんでした。ですからどんどん対局してころびながら覚えましょう!

囲碁も自転車と同じように一度覚えたら一生わすれることはありません。そして、それなくしては生きていけなくなるようになるでしょう...


まだわからないことがありましたら碁盤掲示板で質問してみてください。