整地をしてみよう

9路盤を使って、整地を実際にやってみましょう。

整地の方法は以下のとおりです。

下の碁盤は終局した状態です。
ダメはすべてつまっています。アゲハマ、盤上の死石はありません。

あとは石を動かして数えやすくするだけです。
実際に数えてみましょう。(ここでは相手がいないので白、黒両方の地を数えてあげて下さい)

石を動かすにはマウスのドラッグ操作を使います。
動かしたい石の上でマウスボタンを押したままマウスを動かしてください。
はじめからやり直す場合は碁盤下部の reset ボタンを押してください。

 

黒地、白地はそれぞれ何目になりましたか?

下に整地した例を示します。これはあくまでも例なので整地した結果の形はいろいろあります。

正しく数えられると黒地28目、白地27目となります。


下の碁盤では死石がいくつかあります。アゲハマはありません。
死石を動かして地をうめてから整地してみましょう。

下に整地した例を示します。

結果は、黒16目、白13目となります。 盤面では黒が3目多いことになります。

 


今度は19路盤です。大きいので整地も大変です。やはりアゲハマはないものとして下さい。


整地の例を下に示します。

結果は、盤面で黒57目、白53目です。コミを5目半とすると53−57+5.5=1.5なので、白の1目半勝ちになります。

整地がうまくなるにはただひたすら慣れることでしょう。場数をふめば自然とうまくなります。

それよりもまず、途中で投了しないで最後まで打てるように碁の技術をみがいてください!


テキスト&アプレット by Hiroki Mori (Email: mori<at>playgo.to)