二間トビ、ケイマ、コスミ


これは二間トビです。

一間トビよりも大きく広げられるのですが、その分すきまが多いので切られやすいです。

同様に三間(さんげん)トビ、四間(よんけん)トビもあります。これらの大きなジャンプは序盤によく使われます。


この位置関係は、将棋の駒の桂馬の動きと同じなので「ケイマ」と呼ばれます。

将棋では桂馬は前方向の2個所にしか行けませんが、囲碁では8個所すべてケイマといいます。

このように、隅でケイマを打つと隅がしっかりと自分のものになります。


これは「コスミ」といいます。コスミを打つことを「コスむ」などと言います。

コスミは2つの石がしっかりと連絡しています。


次へ進む

目次

囲碁のページのホームへ