守る

斜めにつながっている石は間を切られてしまうことがわかりました。

切られる前に守ることもできます。

上の場面で、白にF6と切られると、黒の2子はバラバラになりつらいです。

そこで、切断をふせぐような手をうちます。このような手をツギといいます。

上の図は黒をしっかりつなげているのでカタツギとよばれるツギです。

もう白は切ることはできません。


カケツギというツギもあります。

白はF6と打つことはできますが、すぐにF5と打たれてとられてしまいます。上の盤に打って確認して下さい。
つまり、これでも切りを間接的(かんせつてき)に防いでいるのです。

カケツギはちょっとシャレたつぎ方です。適切(てきせつ)なカケツギが打てるようになればかなりのものです。
ですが、わかりやすいカタツギでも初心者(しょしんしゃ)のうちは十分でしょう。


上の図では黒はE5F4に2箇所傷があります。どちらか切られそうですが...

これを一手で防ぐ好手があります。
F5に打って見てください。

これで白はE5にもF4にも打てません。F5が両方の傷に対するカケツギになっているからです。

その形から、このようなツギ方をラッパツギと呼んでいます。


次へ進む

目次

囲碁のページのホームへ