35級 - 寄(よ)せ

1局が終わりに近づき、白地、黒地が確定(かくてい)し、あとは互いの境界線(きょうかいせん)をはっきり定(さだ)めるだけになると、「寄(よ)せ」と呼ばれる段階に入ります。

寄せでは、なるべく境界線を敵側に寄せて少しでも自陣(じじん)を大きくするのがポイントです。


左は黒地、右は白地です。しかしまだ境界がはっきりしていないところがいくつかありますね。
一番かせげそうな場所は?


左の黒地、右の白地が確定しています。
ですが、最後まで気をゆるめてはいけません!

白がD1と打ってきたところです。放っておくと、大事な黒地が、あらされますよ。


次へ進む

目次

囲碁のページのホームへ