ハネにはノビよ

前ページでは、「ツケにはハネよ」ということを覚えました。

ここでは、その続きを学びます。


今度は黒が白にツケたところ、F6とハネられました。(下図)

次の一手は?


ここでは下図のような、ノビと呼ばれる手がよいです。

ハネられた石にもうひとつくっつけて、補強(ほきょう)しているのです。

石がのびているように見えませんか?


上図では左にのびていますが、下にのびることもできます。

どちらにのびたらよいかは場合によります。


もし、黒がハネられたのにノビなかったらどうなるでしょうか?

白はD6とうって、黒をアタリにしてきました。

攻撃(こうげき)するつもりでE6と石をツケたのに、逆に攻撃をくらいっぱなしですね。


それでは練習(れんしゅう)です。

白にハネられました。

ノビてください。

のびる方向(ほうこう)は2つあります。したがって、正解(せいかい)は2つあります。

以上のように、相手(あいて)が自分の石をハネたら、ノビるのがよいのです。

アタリをくらうのは、くやしいものです。だからアタリになる前に補強しておくのがノビです。

囲碁格言(いごかくげん) - 「ハネにはノビよ」

前ページの囲碁格言「ツケにはハネよ」とセットにして覚えてしまいましょう。

ちなみに、これらの格言はあくまでも参考(さんこう)であって、ツケにハネず、ハネにノビずともよいのです。

もっと良い手があるかもしれません。

しかし、はじめのうちは格言どおりに打っていれば、そんなにひどい目にはあわないでしょう。


次に進む

目次

ホームへ