カカリとシマリ

ここでは序盤(じょばん)でのすみをめぐる攻防(こうぼう)について説明します。

いろいろな言葉がでてきますが、暗記(あんき)する必要はありません。
なんとなく、感じだけでもつかんで下さい。

13路盤での実戦(じっせん)の様子が見られます。ボタンをクリックしてみて下さい。一手戻ボタンを押すと一手戻(もど)ります。

まず、おたがいが、すみに2つづつ打ちました。

はじめに黒が打った場所は一番すみの位置から縦横3番目にあるので「三々(さんさん)」と呼ばれ、確実(かくじつ)にすみを取ることができる場所です。

次の白も三々に打ちました。

その次に黒が打ったのは碁盤に小さな黒丸がマークしてある所で「」と呼ばれます。星は三々に比べてより大きくすみを囲っているようですが、スキマも多いので侵略(しんりゃく)されやすいです。

4手目、白が打った所L10は「小目(こもく)」と呼ばれ、ここもよく打たれる場所です。

すみが欲(ほ)しいからといってはじめからM2N1のような所にはふつう打ちません。囲ったところが小さすぎて、いじけてるように見えるからです。

上の続きです。まず黒は左下隅を自分のものとするためにF3と補強(ほきょう)しました。このように、隅に打った石を補強するような手を「シマリ」といいます。

白も右下隅を補強しました。

次に黒は右上の白の近くに打ちました。(J10)これは、白が放(ほう)っておけばL11のように打って右上隅を侵略(しんりゃく)するぞ、という手です。このような手を「カカリ」と呼びます。

そうされては白は困るので、かかってきた黒を攻撃すべく、J11と石をくっつけてきました。接近戦(せっきんせん)の始まりです。

その後、それぞれ補強(ほきょう)しあいました。K11,G10

このままだと、碁盤の左半分が全部黒地になりそうな雰囲気(ふんいき)なので、白はそれを阻止(そし)すべく、左辺に単独(たんどく)で進入(しんにゅう)しました。これを「打ち込み」といいます。

と、こんな感じで序盤(じょばん)は進行していきます。


次へ進む

目次

囲碁のページのホームへ