コウ(劫)

石の取り方はもうわかってきたと思いますが、最後にひとつルールを覚(おぼ)えていただきます。
これを覚えれば囲碁のルールは全て理解したことになります。

ちょっとむずかしいのでがんばって下さい。


(注意)ここでは白は打ってきません

白1子がアタリになっていますね。取ってあげましょう。

取りましたか?そしたら、その様子をよく見て下さい。

たった今打った黒石がアタリの状態(じょうたい)になっていますね。次は白番ですから白はこの黒を取れそうです。

するとどうでしょう?また最初とおなじ局面(きょくめん)になってしまいますね。
ということはたがいに1子を取り合って先に進めなくなってしまいます。

これでは困るので囲碁のルールでは同じかたちの繰(く)り返(かえ)しになってしまうような取り返しができません。
このことを「コウ」と呼びます。

上の盤ではあなたは白番も打てるので取り返そうとして下さい。盤の下に着手禁止(コウ)と表示されていると思います。

それでは白はずっとこの黒を取ることができないのでしょうか?

できます。ただし、白はいったん他の場所に打たなくてはいけません。
そうすれば碁盤(ごばん)の状態(じょうたい)が変わるので同じかたちとならないからです。

上の盤で他の場所に打って下さい。そして、その次の黒も、はなれたところに打って下さい。

すると白番ですが今度はアタリになっている黒を取り返せます。確認(かくにん)して下さい。

すると今度は黒番ですが、またすぐに取り返せません。上の盤で確認して下さい。着手禁止(コウ)と表示されます。
黒もまた別の所に打ってからなら取り返すことができます。

上の盤では黒番、白番ともあなたが打つことができます。いろいろ打ってみてコウを理解(りかい)して下さい。

一手戻ボタンを押すと一手前に戻ります。何度も押せばはじめの状態に戻すことができます。


コウは実戦(じっせん)ではどのような風にあらわれるのでしょうか?

このままでは上辺(じょうへん)の黒5子が取られるのでまずは白1子を取りましょう。(E8)
これでコウの始まりです。今度は白5子がアタリでピンチですがコウなので今打った黒1子をD8で取りかえせません。
しかし白にとってここはゆずれません。そこで、黒が無視(むし)できないような場所、たとえばE2に打ちます。ほっておくと左下の黒8子が全滅(ぜんめつ)なので黒はしかたなくE1に打ちます。

さて、白は今度はコウを取りかえします。(D8)
すると、黒は、白が無視(むし)できないような所、たとえばB4に打ち、白がA4と受けてくれたら、またコウを取りかえします。(E8)
これがコウ争(あらそ)いです。

このコウ争(あらそ)いはどちらかが相手のおどしを無視して上辺の5子を取った時点で終了します。
5子を取られた方は手痛(ていた)いですが、別の場所で2手連打(れんだ)できるのでそこでは得します。

重要なのは、2手連打(れんだ)すると非常にトクなところをさがすことです。相手が2手連打をゆるさなければコウ争いは継続(けいぞく)するし、無視してコウのところを打ちつづければ、2手連打します。


コウ争いは碁盤全体が関係する微妙(びみょう)なかけ引きなのでとても難しいです。
とりあえず、同じかたちのくり返しになるような手は打ってはいけない、とだけ覚えて下さい。

Ko animation Daniel Dheaudさんによるコウのアニメーション画像

つまり、上の図のようなことがおこるのを禁止(きんし)しているわけです。

コウは単(たん)なる禁じ手(きんじて)だけではなく、囲碁をよりいっそう面白くする要素(ようそ)にもなっています。


次に進む

目次

囲碁のページのホームへ