絶対取られない石 - 2眼を作ろう!


ここで再び休憩(きゅうけい)です。白を全滅(ぜんめつ)させましょう。

ただし、前回とちがって囲む順番にちょっとコツがいります。着手禁止点(ちゃくしゅきんしてん)に気をつけましょう。


絶対取られない石

さて、上の問題のように、どんなに石がたくさんあっても、まわりを囲まれてしまっては取られてしまうということがわかりました。

例えば、下図のような黒石はまわりを完全に囲まれているので逃げ場もなく、白に真ん中に打ち込まれて全滅です。


しかし、下の図の場合はどうでしょう?

黒は白に完全に囲まれていますが、白は黒を取ることができません。黒を取るにはあと2カ所に置かなければなりませんが、どちらも黒がまわりを囲んでいるので白からは打つことはできません。

つまり、2カ所以上の空白地帯(くうはくちたい)を作れば絶対(ぜったい)に取られないということです。このことを2眼(にがん)を作って生きる、と言います。1眼(いちがん)では死です。


またまた黒の打ち放題(ほうだい)です。

白石を取ることできました?

できなかったでしょう。なぜなら白石のグループはみんな2眼を持っているので生きているからです。がんばって取ろうとした方、ごくろうさま!


次に進む

目次

囲碁のページのホームへ