相手の石を取ろう!

囲碁は相手より多くの「陣地(じんち)」を作った方が勝ちです。

陣地を作るには2つの方法があります。
一つは何もないところを自分の石で囲うのと、もう一つは相手の石を取ることです。終局(しゅうきょく)時に、取った相手の石を使って相手の作った陣地をうめる(減らす)ことができるので、石を取ることは取った数の2倍の得点になると考えて下さい。

石の取り方


あと1手で白石は完全にかこまれ、盤上(ばんじょう)から取りのぞかれます。

このように、石があと1手でとられる状態のことを「アタリ」と言います。



白石が完全に囲(かこ)まれました。だから...


取りのぞかれ、黒側に取られてしまいました。


もし、白の番であれば、このように2つの石をつなげることによって「逃げる」ことができます。



※ このページの碁盤の画像の作成にはJaGoを使わさせて頂きました。


次へ進む

目次

囲碁のページのホームへ