ミニマム碁

友達と二人でやってみよう!

ルール

より詳しいルールはこちらを見てください。

上のボードでは先に打つ黒が有利なのでかわりばんこにやってみよう
いつも黒が勝つようになったらより大きいボードでチャレンジしよう。

4路盤

5路盤

囲碁を知っている方へ

囲碁の入門には9路盤が主に使われている。19路盤よりはずっと早く決着がつくのでわかりやすいが、まだまだ大きい。そこで6路盤が入門には最適だという意見も多い。
さらにつきつめて考えた結果、3路盤からはじめたらどうだろということになった。
1路盤では着手禁止点しかないし、2路盤では1の1しかないので変化がほとんどない。
したがって3路盤がゲームといえる最小の大きさということになる。

3路盤は碁が打てる者には全く勝負にならないが、はじめての人にはかなり悩ましいものである。
たとえばマルバツというゲーム(英語圏ではTic-Tac-Toe)があるが、あれも3マス×3マスで結構遊べるではないか。
なにより素晴らしいのは、碁盤と碁石がいらないことである。
紙と鉛筆と小銭がいくらかあればよい。筆者はエコノミークラスの飛行機の中で隣の席の人を相手に試してみた。

ミニマム碁のルール

以上である。 純碁とは囲碁の原始ルールに近いものであり、地の代わりに、盤上の石の数を競う。アゲハマは数えない。だからとってもわかりやすい。
それでいて、ダメのつめかた、着手禁止点についてはしっかり学べる。

指導のコツ

ご意見お聞かせ下さい。

Email: hello<at>playgo.to